集客目的でSNSを利用されている人は多いかと思います。

しかし、本当にWeb集客に有効活用できていますか?

 

というのも、本来の集客目的と、最新の情報戦における集客目的のSNS利用は大きく異なります。

言いたいことだけを一方的に話すタイプのSNSでは意味がありません。

 

今回は、集客に利用するためのSNS利用の基本をお話します。

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

情報戦を上手に活用する

 

SNSの代名詞と言えば「Twitter」「Facebook」「Instagram」です。

その他にも様々なツールがありますが、この3大SNSの利用が圧倒的でしょう。

ユーザー数も多く、拡散力が強いというメリットがあります。

 

ところが、集客目的に利用している事業者は多いのですが、上手に活用できているのかといえば、ほぼNOの回答がきます。

では一体何のためにSNSを使っているのでしょうか?

 

「こんなご飯を食べました!」という食事自慢?

「こんな場所で遊んでいます!」というリア充自慢?

いえいえ、そんなことは一般ユーザーは求めていません。

 

ユーザーが求めているのは「お役立ち情報」「ニュース」「専門性の高い情報」です。

また、「売り込み」も必要とはされていませんのでご注意を!!

 

インフルエンサーと言う言葉をご存知でしょうか?

私もかつては一人のインフルエンサーとして活躍した頃があります。

情報発信する拡散者を現し、影響力を持つ人を指します。

 

 

多くの企業はインフルエンサーとして情報を拡散したがりますが、最初から拡散力はありません。

よほど知名度の高い大手企業でもない限り、一般ユーザーが最初から集まることはありません。

 

まず大切になるのは「話題性」と、統一した情報の「一貫性」です。

車の販売会社が「ランチ画像」「旅行写真」を一生懸命にアップしても意味がありません。

必要な情報は「車」に関連する情報です。

 

最初のうちはなかなか広がりを見せませんが、ある日突然ブレイクするのがWebの面白さ。

一貫した「車」関連の情報を出し続けましょう。

まずは継続が重要です。

 

そして、できれば同業者と共同発信することをオススメします。

自社がリスト100を保有していれば、同数程度の同類業者と手を組みます。

これでリストは倍になり、拡散力は次第に大きくなります。

 

私も以前LINE@で2600名近いリストを獲得しましたが、100件集まるまでは大変でした。

600件を超えてからはラクになり、あっという間にインフルエンサーの地位を獲得できました。

 

まずは「話題性」と統一した情報の「一貫性」、そして継続と同類業者との協業が大事であると覚えておいてください。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/