カレンダーや日めくりを見ていると記載されている「大安、仏滅、赤口」の文字。

ご存知のかたもいらっしゃるでしょうが、中には「これ何?」と疑問に感じている人も。

 

結婚式やお祝い事にには「大安」「友引」が好まれますが、不幸事は「友引」は嫌われます。

宝くじ売り場では「本日大安吉日」との記載も。

今回はこの「大安」や「暦」についてお話します。

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

暦はすごい統計学データ

 

カレンダーには色々な情報が記載されているものがあります。

もちろん、曜日と日付だけのシンプルなものもありますが、「これ何だろう?」と不思議に感じるものもあります。

特に気になるのは「大安、仏滅、赤口」ではないでしょうか?

 

これは「六曜」というもので、もともとは中国発祥で「時間」を区切る際に使われていた考え方です。

大陸から日本に文化の一部として伝承され、時間の区切り以外に「吉凶を占う」一つの方法としても使われています。

 

「大安」「赤口」「先勝」「友引」「先負」「仏滅」の6つがあり、その日に「やってはダメなこと」を示しています。

 

「先勝」は午前中が吉で午後は凶の時間帯となり、「先負」はこの逆です。

「友引」は「友人を引き込む」と言われ、縁起の良いものは好まれますが、不幸事は避けるべき日です。

「仏滅」は最悪のイメージがありますが、この日は仏事や別れ・離別・決別には良い日とされています。

 

 

暦は古代からの最強の「統計データ」です。

バイオリズムや周期をしっかりと把握し、体系化したのが暦と言えるでしょう。

 

統計データと言えば占いもよく似た性質があります。

根拠のないスピリチュアル系の話だと毛嫌いする人もいますが、賢い人は経営や人生にも占いをりようするようです。

もちろん、占いに翻弄されたりしてはいけません。

 

暦や占いには非常に多くの種類があり、マヤ暦、占星術、風水、神社等…奥があまりに深いので私の知識程度では説明できませんが、すべては統計の賜物です。

自分に合うものを見つけて上手に活用しましょう。

もちろん、冒頭の「六曜」でも構いません。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/