食べるのが早い人は仕事も早く、どんな行動も早い。

逆に行動の遅い人は食べるものも遅く、返信や反応も遅い。

 

よくそう言われますが、基準となる「時間軸」は何でしょうか?

また、時間の感覚とはどんなもので判断されるのでしょうか?

 

今回はタイプによって変わる時間の感覚についてお話します。

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

時間の感覚はタイプで異なる

 

常に焦りを持ってスピード重視で仕事やタスクをこなす人。

逆にのんびりと構えてじっくり取り組む人。

 

仕事や結果は単純に「スピード」だけ求められているわけではありませんが、いくら100点満点の結果でも納期に間に合わないようでは意味がありません。

精度、質、量、時間、成果品に求められる基準はいくつもあり、どれか一つでも欠点になるとアウトです。

これが仕事や試験における成果品の重要さです。

 

100点を取らなくても、80点で合格出来る試験であれば、確実に時間内で80点を取れるところをクリアすべきでしょう。

質にこだわりすぎるとタイムアウトになる危険性があります。

 

では仕事の場合は、何処まで時間を重要視するべきでしょうか?

これは個人の感覚により異なりますが、納期前にいくら早く提出しても「加点」はありません。

むしろ早くできたのであれば、80点を100点にする改善が要求されます。

 

要は全体のバランスが取れていないと、仕事や成果品としては二流です。

 

 

時間の感覚は非常にあいまいで、元から短気な人と呑気な人は感じる大きな時差があります。

 

待ち合わせ場所に30分も早く到着する人もいれば、ギリギリに来る人もいます。

どちらも遅刻ではありませんが、待つ方はイライラし、ギリギリに来る人はムダな時間活用を非難します。

 

どちらが正解というわけではありませんが、早い人にはそれなりの理由があり、ゆっくりな人にもその理由があります。

何を重要視しているのか?です。

 

行動の早い人は「早くする」ことに大きな点数を置いています。

時間厳守なら時間に間に合えばOKですから、予定よりも早く行く必要はありません。

ならば時間ギリギリのほうが「時間の有効活用」に大きな点数を置く人が正解となります。

 

目の前にある仕事・タスク・物事の真の本質を見極め、「何を求められているのか」をしっかりと把握しましょう。

行動の早い人・遅い人は性格的に治るものではありませんが、「求められている基準」がわかれば、他人と時間間隔を比較する必要がありません。

ライバルは自分自身、時間に焦るより、呑気に構えるより、求められている基準をしっかりと見定めて行動しましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/