いまさら説明する必要もないでしょうが、ビジネスやマーケティングシーンにおいて「5W1H」が重要であると言われます。

しかし、知っているようで正しく使えていないのが「5W1H」。

 

どんなとき利用して、どのように活用していくのかしっかり理解できていますか?

今回はこの「5W1H」を振り返り、活用法についてお話します。

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

出来ているようで出来ていない「5W1H」の活用!

 

「5W1H」とはWhy、What、Who、Where、Whenの頭文字をとった5Wと、Howの1Hを加えたものです。

文章構成や原因究明、問題解決手法としてビジネスシーンでよく用いられます。

 

しかし、使えているようで使いこなせていないのがこの「5W1H」でもあります。

再度確認していきましょう。

 

「5W1H」を上手に活用すると以下のようなメリットがあります。

・状況が見える化できる

・戦略の構築に使える

・問題の原因を探し出せる

・新しいアイデアが生まれやすい

 

「5W」の構成と言えば…

なぜ(Why)…何を(What)…誰が(Who)…どこで(Where)…いつ(When)…

以上の「5W」はすべて「原因」「問題」「要因」を探すためにあります。

 

 

残りの「How」は少し特殊な扱いで、「どのように」という、この先の未来に向けた解決方法や手段を示すものです。

原因の「5W」はしっかり追求していても、この「How」が出来ないと解決策を見つけ出すことができません。

 

そもそも、「5W」がしっかりと洗い出せていないのが「How」を作り出せない大きな要因です。

「How」に迷うときには、再度「5W」をしっかりと洗い直しましょう。

 

「5W」の洗い出しを誤る原因は「思い込み」です。

自分の思考だけで洗い出すのではなく、第三者の確認を必ず行ないましょう。

検証作業がなければ単なる自己満足の「5W」でしかありません。

 

また最近ではこの「How」にもう1つど「いくらで(How much)」とい言う金銭的要素を加えたものがあります。

経済や金銭的な話は日常から切り離すことが出来ませんので、「How much」と言う視点も大切にしましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/