会議や討論会と言った格式張ったものもありますが、他人と話し合いになる状況は必ず起こるはずです。

そんな時、つい意見が異なり、白熱バトル討論会になっていませんか?

 

実は討論は持論を主張するあまり、相手を恐ろしく傷付けてしまうことがあるので要注意です。

今回は「議論に勝って説得に成功した試しはない」と言うお話をします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

議論に勝って説得に成功した試しはない

 

TV番組でも討論は楽しいものですが、議論や討論は買っても負けても何の収穫もありません。

論破した方はその瞬間は快楽を得るでしょうが、結局人間関係にヒビが入り、損益を被ります。

 

 

また、論破されたほうが不愉快千万。

論破した人を徹底的に嫌うでしょうし、負けた自分に対しても自己嫌悪感の塊となってしまいます。

 

結局、買っても負けても議論や討論には「勝者」はいません。

むしろ、必死になるほど敗者路線まっしぐらになります。

 

 

しかし人間は本質的に「勝ちたい」というものを持っています。

主義主張で論破されるということは、イコール自己否定されたものと同じであると解釈し、必死になって守ろうとします。

 

しかし、よく考えて見て下さい。

論破したところで、負けた人の気持ちや悔しさ、そして妬ましいまでの恨みを買ってまで、勝ったことに執着する必要性があるのでしょうか?

 

本当に賢い人は「争い」からは何も生まれないことをしっています。

建設的な意見の交換ならいざしらず、相手を打ち負かす議論や討論は賢者の行いではありません。

 

人の信頼や信用を勝ち取り、互いにwin-winの関係を構築することを優先するなら、議論や討論は避けましょう。

人と比較して勝ち負けに優越感を感じるのは、すでに戦う前から敗者となっています。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/