事務所をしっかりと構えている会社や経営者であれば特に問題ありませんが、起業当初やフリーランスの人はほぼ1人で仕事をこなしていると思います。

1人で色んな対応をしていると特に困るのが「電話」です。

 

事務所に電話を設置して転送させる方法もありますが、携帯電話が普及した今では直接携帯に電話がある方が便利です。

しかし、個人用の携帯に着信がある…というのも何かと不便です。

 

今回は「ビジネス用の電話」についてお話します。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

ビジネス用に複数の電話番号を用意しよう

 

名刺やホームページに個人の携帯電話番号を載せるには少し抵抗がありませんか?

携帯に直接電話がかかってくるのは便利な反面、24時間監視されているという状態に陥ります。

 

もちろん個人でビジネスをしている場合対応が早いに越した事はありません。

しかし打ち合わせ中や大切な商談中に電話が鳴ると大変なものです。

 

また、事務所に固定電話を設置している場合と、電話がない場合があります。

特にフリーランスやシェアオフィスを利用されている人だと固定電話がないことが多いようです。

 

仕事用の固定電話があると非常に便利ですが、常に自分が電話の番をしているわけにはいきません。

このような場合は、電話の転送サービスを利用する方法もあります。

ただし毎月定額の料金が発生し、着信が少ない場合には無駄な経費に感じるかもしれません。

 

 

個人の携帯番号を記載せずに利用できる便利な方法が、1つの携帯番号で複数の番号を持つと言うことです。

契約しているキャリアの電話番号以外にIP電話を利用すると非常に便利です。

 

着信専用にしておけば、折り返しは通常の携帯電話の番号から発信することも可能です。

IP電話を上手に活用することによって、個人用の携帯、仕事用の電話番号を使い分けることが可能です。

 

IP電話は050から始まる番号が主流です。

スマートフォンであればIP電話用のアプリもあり毎月小額で便利に活用することができます。

個人の携帯番号をホームページ等に記載したくない場合には検討ください。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/