仕事の早い人は「整理整頓」が上手です。

煩雑なデスクの上で仕事をするよりも、片付いた状態で作業を行うほうが明らかに作業効率は良くなります。

 

逆に仕事のできない人ほど整理整頓が苦手で、机や室内も常に散らかっている状態です。

また、整理整頓は短期サイクルで定期的に行う必要があります。

 

今回は「定期的な整理整頓のススメ」についてお話しします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

定期的な整理整頓と清掃の習慣をつけよう

 

ズバリ、あなたは整理整頓が得意ですか?それとも不得意ですか?

机の上は整理整頓できているのに、部屋だけは煩雑な状態…そんな人はおそらく居ないでしょう。

 

話す速度が早い人は歩くのも早く、食事の速度も早いものです。

整理整頓ができる人は、机の上も部屋も自宅も、収納もパソコンのデスクトップも全てキレイに整理されています。

 

そもそも片付けができない大きな原因は、不要物の多さです。

定期的に身の回りを棚卸しして、不用品をどんどん捨ててしまいましょう。

 

整理整頓できない人の多くは「これはいつか使うから」という不明確な基準で物を溜め込んでいます。

実際「いつか」が訪れることはなく、延々とゴミが増え続けた結果がゴミ屋敷です。

 

 

強制的に毎週月曜日は不用品仕分けの日!と決めて、整理整頓を行いましょう。

不用品は捨て、必要なものは整理をする習慣が大切です。

 

定期的な整理整頓を行うことにより、何がどこになるのか常に把握できる状態になります。

このような状態で仕事をすれば、非常に効率が上がるのがおわかりでしょう。

 

不用品を捨てることにより、スペースも大きくなります。

新しい仕事を次々確保すれば売上も一気に飛躍するでしょう。

 

整理整頓は作業効率を上げ、自らの給与を上げるうえでも大切な習慣です。

積極的に、短期間のサイクルで定期的な整理整頓を実行しましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/