文章や話が苦手な人には特徴があります。

主語と述語が不明瞭で、何をいいたいのかハッキリ分かりにくいという点です。

 

さらに、主語と述語、結論がわかりやすい人でも、文章に魅力を全く感じない人がたくさんいます。

今回は「魅力ある文章を作るコツ」についてお話します。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

話や文章を面白くする魔法のテクニック

 

話や文章を面白くさせるテクニックはいくつも存在しますが、その最も王道的なものを紹介します。

話や文章は作り手が面白くても、読み手・聞き手が退屈していてはいみがありません。

「伝える」という点では、作り手以上に読み手・聞き手が満足して感動するものでなければなりません。

 

面白い話というものには共通する点がいくつもあります。

有名なものが「物語風」に文章をつくることです。

 

ストーリーのあるものを人間は好みます。

リアリティのある物語風にした文章は読み手側も読みやすく、共感を覚えやすいので積極的に活用しましょう。

 

物語で重要になるのは「対極な存在です」。

ヒーロー物映画でも多く採用されますが、主人公(正義)と敵のボス(悪)の差が大きいほど物語は面白くなります。

逆に悪役が弱いとヒーローは全く際立ちません。

 

対局な存在はキャラクターだけでなく、話のテーマにも使えます。

「正義と悪」「理性と本当」「白と黒」「光と闇」「男と女」のように対局なテーマを取り入れると物語は非常に面白くなります。

 

 

対局な存在をさらに向上させるには、信憑性のある明確な数値化です。

「何となく太った人と、何となく痩せた人」ではなく「10キロ太った人と、10キロ痩せた人」の対比のほうが信憑性が高くなります。

 

数値は具体化すればするほど良いのですが、根拠のない数字は逆に信用を失うので要注意です。

また、比較する数字が難しすぎるのもいけません。

一般人、小学校高学年や中学生程度が比較して分かるような数字が重要です。

 

対局な存在と数値化を心がけるだけで、文章や話は飛躍的に面白くなります。

特にセールスレターやセールストークには強い効果がありますので、積極的に取り入れましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/