何かと手軽で便利なデジカメ画像。

スマホや一眼レフでパチリと撮影して、ブログやSNSに利用されていませんか?

 

しかし、せっかく撮影したオリジナル画像なら、もうひと工夫して素敵な写真に変えましょう。

今回は「写真の現像方法」についてお話しします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

写真の現像方法をマスターしよう!

 

スマホや一眼レフで撮影した写真には、さまざまな形式のフォーマットがあります。

デジカメ画像のフォーマットと言えば「PNG」と「JPEG」が有名ですが、一長一短があります。

 

「JPEG」は手軽でサイズも小さく取り扱いが便利な半面、非可逆圧縮なので一度小さくすると拡大できません。

そこで「PNG」が頻繁に利用されますが、写真サイズが大きくなる傾向があります。

 

さらに一眼レフで撮影した場合「RAW」と呼ばれる特殊な生データで保存されています。

1枚あたりのデータ量が大きく、保存は大変ですが非常にキレイな画像です。

 

しかし、せっかく撮影した素晴らしいRAW画像でも、そのままではもったいないものです。

しっかりと加工して美しい写真に仕上げましょう。

 

 

写真には「現像」と「加工・編集」という作業があります。

昔のフィルムカメラであれば「現像」はフィルムから写真にする作業でしたが、昨今のデジカメ画像では色の補正やレンズの補正が現像に該当します。

 

暗い色を明るめにしたり、彩度を上げたり、レンズの歪みを補正したりと、写真をありのままでキレイにする作業です。

 

一方「加工・編集」は、全く違う画像にすることも可能です。

犬の頭に猫の顔をはめ込んだり、元の色を別の色に変えたりとさまざまな編集を行うことが可能です。

 

有名なソフトは、前者の現像が「Lightroom」、後者の加工・編集が「Photoshop」です。

どちらも有料ソフトですが、秀逸な機能を有していますので、是非活用されて素晴らしい画像に仕上げると良いでしょう。

 

「Lightroom」や「Photoshop」に類似したフリーソフトもありますので、まずそちらから勉強されても良いでしょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/