経営者、企業家、起業家に求められる「器」となどのようなものでしょうか?

実力がある、仕事ができる、情熱的で行動力がある…色々な指標があるでしょう。

 

しかし肝心なことは能力ややる気だけではありません。

その根本に存在する「〇〇」がなければ、いくら良い木を植えても美味しい実はできません。

 

今回は経営者に必要な土壌「〇〇」についてお話しします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

経営者が目指すべき真の器の定義とは?!

 

「影響力」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

インターネット上で影響力のある人を「インフルエンサー」と呼びます。

「鶴の一声」という言葉があるように、影響力のある人の発言は周囲や世間に強く響きます。

 

では「影響力」のある人とはどのような人でしょうか?

そもそも「影響力」とは何を意味しているのでしょうか?

 

動物の世界では「大きさ」が重要です。

クジラやゾウといった大きな動物は、存在しているだけでも影響力があります。

 

百獣の王ライオンでさえ、ゾウを相手に無謀な戦いはしません。

なぜなら、自分よりも大きいからです。

動物の世界で大きいものは影響力を有しています。

 

 

人間でも同じです。

150センチの小柄な人よりも、2メートルを超える人は存在しているだけで大きな影響力をもちます。

「個体の大きさ=影響力」のチカラがあるからです。

 

しかし人間は「個体の大きさ」だけで影響力が変わるわけではありません。

「内面の大きさ」「器」といったものでも影響力が変化します。

 

大自然の巨木や巨石に触れていると、妙な安心感がありませんか?

大きいからこそ影響力があり、同時に安心感があるのです。

 

つまり、内面から影響力を強くしようと思うと「安心感」を育てなければいけません。

自分の内面の安心感を大きくすれば、次第に周囲に対して大きな影響力を及ぼず存在になります。

まさに経営者や企業かに必要な影響力は、この周囲への安心感から形成されます。

 

常に焦っている人…イライラしている人、怒りっぽい人に安心感を感じますか?

安心感を感じるときはどんなときか、どんな人に安心感を感じるのかをしっかり観察して、自分の中の安心感を育てていきましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/