ビジネスや商売に利用される独特の表現はたくさんあります。

中でも面白い表現の一つが「貧乏暇なし」です。

 

これは、収入を得るために朝から晩まで必死に働いて、仕事以外のことをする余裕がないという悪循環を意味しています。

ではなぜ?儲かる仕事をしないのでしょうか?

 

今回は「餅は餅屋!なんでも屋は売れない証!」についてお話しします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

餅は餅屋!なんでも屋は売れない証!

 

わかりやすくラーメン屋さんに例えてみましょう。

メニューが100種類もあるラーメン屋さんのラーメン、初めて訪問してすぐに選択できますか?

なかなか難しいですよね。

 

写真だけで判断しなければならない状態であれば、思わず店員さんに「オススメ」を尋ねるのではないでしょうか?

種類が豊富すぎると人間は選択に困る習性があります。

 

逆に種類が1つのみの限定で、選べるのは麺の硬さと量だけならどうですか?

よくある「こだわりの専門店」の例です。

 

選択肢に困るのは「好み」と「腹具合」だけです。

失敗しても致命傷はありません。

 

これはお客様側からの心理ですが、経営側の心理は「品数を増やそう」「安くすれば売れる」と勘違いして、豊富なラインナップを揃えます。

種類が増えるほど在庫も増加し、作業も複雑化して利益率が著しく低下します。

 

冒頭の「貧乏暇なし」とはまさにこの状態で、非効率な業務が自分の首を絞めている状態です。

作業を効率化させるだけで貧乏から脱却し、利益率を上げることが可能です。

 

 

今一度、業務全体を棚卸しして下さい。

最も売上に貢献している商品やサービスはなんですか?

お客様が頻繁に選ぶ物はなんですか?

 

売れっ子商品を2〜3点抽出し、さらにブラッシュアップしましょう。

味噌ラーメンが売れているなら味噌ラーメンだけに特化して、どんな点が人気の秘訣なのかをしっかりリサーチします。

さらに改良点を調べ、徹底的に良いものに仕上げましょう。

 

何でも売るのは売れない企業の典型です。

売るためには「専門化」しなければなりません。

 

専門化して、さらにブラッシュアップを続けていくことが利益を増大化し、作業を効率化させ、結果として楽で儲かるビジネスにすることができるのです。

バタバタ仕事に追われている状態であれば、今一度業務全体を見直し、売れ筋商品に特化していきましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/