忘れられない手作りの味がありませんか。

おふくろの味や、旅行に行ったときの立ち寄った店の味、子供の頃に食べた懐かしい味。

 

また、手づくりのものをもらった経験がないですか。

お母さんやおばあちゃんの手づくりのもの。

なんとも温かみが溢れていますよね。

 

今回は、記憶に残りやすい「手書きのお礼状」についてお話しします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

捨て難い手書きのお礼状を活用しよう!

 

手作りの料理や品物には、忘れられない痛烈な思い出が残ります。

人の思いがこもっているだけに、有り難みは半端ではありません。

 

人間という動物は、他人から受けた恩恵を大切にしようとする心理があります。

また、何かもらうと返そうとする性質もあります。

 

この感情のルールを逆手に取ると、あなたという存在が忘れられない人に変わります。

経営者や営業担当であれば、是非とも覚えておきたいルールです。

 

何をするのかと言うと、お礼状を手書きで書こうということです。

ちょっとした季節の挨拶などを手書きで送るだけで、ライバルを圧倒する存在に変わります。

 

 

初めて人にあったとき、名刺交換をするはずです。

ときどき住所のない名刺を渡されることもありますが、大半は記載されています。

 

挨拶後にメールやSNSでお礼を送ることもありますが、ややり味気ないものです。

メールでは読まれたかどうかさえわかりません。

 

こんなときに活用したいのがお礼状です。

手紙が理想ですが、長文が苦手な人や、送料などが気になる場合はハガキを利用してもOKです。

 

名刺交換したその日のうちに手書きで礼状を作り、すぐに投函しておきましょう。

意外性があるうえ、手書きのものは捨てられにくいので記憶にも残ります。

 

定期的に季節ごとにはがきを送るだけで、あなたは忘れられない存在に変わります。

ぜひとも実践してみて下さい。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/