ずばり「営業力」とは何でしょうか?

 

相手に物やサービスを販売する。

それも大切なことですが、本来の営業の目的は相手のお悩みを解決するために最適な方法を教えてあげることです。

 

無理に販売することが営業力ではありません。

今回は「営業力の大切さ」についてお話しします。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

営業力って大事だと感じる瞬間

 

物やサービスを売ろうとする行為は、相手からすると「売り込み」「売りつけられる」「お金を請求される」といった圧力を感じる行為です。

良かれと思ってアピールするほど、相手は警戒心を感じ、身構えるようになります。

 

売れる営業マンと売れない営業マンの大きな差は「売ることに専念しているかどうか」といっても良いでしょう。

売れる営業マンほど、ムダな売り込みはしません。

 

相手の立場を考え、予算や欲しい物をしっかりあぶり出してからもっとも良い方法を案内します。

相手の欲求がわからない段階で売り込んではいけません。

 

 

また、営業力にはタイミングが重要です。

相手が売り込んでほしいタイミングを逃すと、完全に嫌われてしまいます。

売り込んではいけない時期と、売り込むタイミングをしっかり把握しなければ営業力はUPしません。

 

商談シーンは常にアポ取りから始まるわけではありません。

何の準備もない状態で、突然始まる場合もあります。

 

突然商談の話に進んだ場合に必要になるのが「資料」。

説明資料をまったく持っていない状態では営業はできません。

見える資料、手渡せる資料を常に持ち歩く習慣が大切です。

 

もし手持ちが無くても、持ち歩いているデバイスに資料を保存しておき、後日郵送できるような大切も重要です。

口だけで説明するようでは営業力は向上しません。

 

相手に情報や資料をお届け出来る体制を常に確保しておきましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/