東海位西は異例の5月の梅雨入り、しかし関東は未だというおかしな気候。

梅雨入りした地域でも連日の夏日・真夏日。

 

体が暑さに慣れていないせいか、体調不良を訴える人も多いようで、暑さには気を付けなければいけません。

この時期は特に注意が必要です。

 

今回は「急激な温度差に要注意」についてお話します。

【おすすめ書籍】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

体調管理は重要!急激な温度差に要注意

 

体が十分暑さに慣れていない状態で、急激に夏日・真夏日が続くとダメージが蓄積されていきます。

抜けない疲労感、朝起きてもやる気が出ないなど、体調不良を感じたら早めの休息が重要です。

 

特に普段汗を流す習慣がない人は要注意!

急激な発汗は生命の危険性があるので、常に水分と塩分補給を意識しておきましょう。

 

熱中症が怖いものだと誰しも知識では知っているのですが、「自分は大丈夫」という正常性バイアスが働いています。

「気分が悪い」「クラクラする」「ボーッとする」状態になると、すでに遅いかも知れません。

 

 

炎天下でジョギングを行う私ですが、普段より大幅にペースダウンしています。

当然、熱中症対策です。

また、非常用に塩飴なども持参しています。

 

打ち合わせや会議中に水分補給は難しいかも知れませんが、普段よりも水分・塩分は意識して摂取するようにしておきましょう。

特に日中の水分補給はこまめに、少し多めに摂るように心掛けてください。

 

「体は資本」です、この時期は体調管理こそ一番大切な仕事。

まずは健康で過ごすことに注力して仕事を行いましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/