集客…それは事業家にとって永遠の悩みであり、大きな目標でもあります。

新しいお客様を獲得し、リピート購入を促し、ビジネスは順調な成長を遂げていくものです。

 

集客をなくして事業の成長はなく、集客は大きな目標の一つです。

しかし集客には、常に「時代の波」が重要になります。

時代遅れの手法を利用していては意味がありません。

 

今回は、集客に関する「時代の流れ」について大切なポイントをお話しします。

 

【9/4に新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

 

集客の時代の波と言えば、昨今では「動画(YouTube)」と「note」です。

コロナ禍の影響により、特にオンラインマーケットは過熱気味と言うべき集客の主戦場となっています。

 

とは言え、動画も2020年にスタートした新しい集客市場ではありません。

以前から利用するユーザーも多く、最近加速が大きくなっただけの市場です。

つまり…新しい市場とは言えません。

 

すでに激戦区と化して、粗悪なコンテンツを大量投稿する人も多く、利用者側の意見としては「選別が難しい」と言うものになってきています。

 

特に動画は、中身を全て見るまで、コンテンツ自身が「良い」のか「悪い」のかの判断ができません。

貴重な時間を使い、動画を全て見終わってから「良し悪し」の判断をしていては時間の無駄でしかありません。

 

その点「文字情報」であるホームページやブログは、読者側には便利でしょう。

情報やコンテンツそのものの良し悪しを瞬時に判断でき、短時間で良い情報を獲得しやすいからです。

 

動画も確かに訴求力の点では優れている集客手法ではありますが、私は動画以上にブログを優先すべきであると考えています。

 

 

ブログの中にもたくさんの種類がありますが、最近話題に上ることが多いのが「note」です。

コロナ禍の中、特に有名人が利用したことで爆発的にユーザー数が増えました。

写真やコンテンツを販売することが可能で、注目が集まったようです。

 

とは言え、素人や一般人の日常的な写真を欲しがる人は稀です。

余程セミプロ並みの写真が撮れるなら販売も可能ですが、サクッとスマホで撮影した素人写真が高額で売れるはずはありません。

 

「note」ユーザーの多くが間違えている点が「流行に乗る」と言うことです。

流行りのコンテンツに乗るのは大切ですが、しっかりとした「文章を書く」「写真を撮る」と言う基本ができていなければ、どんな集客コンテンツを利用しても意味がありません。

 

動画が流行すると動画市場に参入し、noteが流行するとnoteに参入する。

これでは単に「鞍替え」しているだけで、自分自身のスキル向上やコンテンツ向上には繋がりません。

つまり、読者側から見ても「楽しいコンテンツ」「有意義なコンテンツ」になっていませんから、ブレイクする事もありません。

 

文章で勝負するなら文章力を、写真で勝負するなら写真のスキルを磨きましょう。

時代の流れ・波に乗ることは大切ですが、波に溺れれているだけでは集客マスターになることはできません。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/