ブログを読む側の人、通称「読者」は、情報を求めてやってきます。

問題解決の方法や、新しい知識の吸収、販路開拓や新規分野への足掛かりとなる情報を求めてやってきます。

 

「情報」を求めてやってくると言うことは、何かしらの有益なコンテンツが無ければ読者は定期購読を行いません。

つまり、有益なコンテンツが充実すればするほど、読者は何度も訪問するようになります。

 

しかし、有益情報を与えるだけでは、本命商品や商材を販売できませんよね?

今回は「本命商品」の売り込みについてお話しします。

 

【9/4に新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

 

売り込みについてはSNSでも同じ事が言えますが、決して「NO!」と言う訳ではありません。

ただし、毎回毎回の記事で「売り込み」ばかりしていると、嫌われてしまうのは明白です。

 

リアルな知人が会う度に自社商品の売り込みばかりしてきたらどう感じますか?

普通は「イヤ」ですよね。

時々ならまだしも、毎回売り込みがあると流石に付き合いきれません。

 

これはSNSの投稿でもブログでも同じです。

毎回売り込みを強く入れると、読者は離れてしまう傾向にあります。

販売専用のサイトで、新商品の紹介であれば別ですが、ブログコンテンツに毎回売り込みを入れるのは避けるべきでしょう。

 

 

ブログはSNSとは異なり、古い記事にも読者は集まります。

1年前の記事でも、利用できる有益なコンテンツは必ず閲覧される為、記事をかけば書くほど「資産価値」が高まります。

 

資産価値として利用できるのがブログの最大のメリットですから、できるだけ「売り込み」を避けて有益コンテンツの充実を目指しましょう。

ただし、5〜10記事に1度くらいの売り込みは問題ありません。

適切な説明を加えながら記事形式としてメイン商品を売り込めば大丈夫です。

 

どうしてもガツガツとメイン商品を販売したい場合には、専用のサイトを設けるか、LP(ランでイングページ)を別途用意して、そちらへ誘導しましょう。

 

ブログは資産価値の向上を目指し、読者にとって「有益」なものを配信する気持ちを持つべきです。

与えることにより「返報性の法則」が働きやすくなり、読者として長く居続けて頂ける傾向にあります。

奪う事よりも、与える事(情報を与える)を重視してブログ運営していきましょう。

 

簡単ですが、本日は以上です。

ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/