人生の長い歴史…その中には、何度も繰り返され物が多くあります。

流行や文化、悪いものであれば「戦争」や「戦(いくさ)」等々。

 

人間の歴史には一定のサイクルがあるという説もあり、過去の事例から学ぶことは多いようです。

便利な時代になったとはいえ、人間である限りは似たような行動パターンを取る生き物です。

ならば、成功者のマインドも歴史の人物から学んでみましょう。

 

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

 

西洋東洋問わず、歴史好きは結構いるのではないでしょうか?

学校の社会の授業だけでは詳しい人物像まで教えてもらえませんが、大河ドラマや歴史小説を読めば、偉人たちの心理や考え方が非常に役に立ちます。

 

臨機応変な対応、危機的状況の中の決断、奇跡とも言うべき戦略等々、現代のコンピュータで計算しても図りきれない史実も多く存在します。

歴史に「もしも」は無いと言われますが、自分自身が歴史の偉人たちと同じ心境に立った場合、どのような判断を下すのかは面白いでしょうね。

 

TV画面の向こうに広がる日本の戦国時代のシーンは、もし自分が存在するこの時代だとすれば、あなたはどんな役を頂いているでしょうか?

大将?武将?軍師?、単なる兵士の一人?それとも戦には関わらない平民の一人??

 

日本では「織田信長」や「坂本龍馬」が人気のある歴史上の人物です。

もし彼らと同じ立場にあった場合、あなたならどんな判断を下すでしょうか?

 

 

歴史の偉人たちは、のちの時代に装飾を加えられている部分も多いと言われます。

織田信長公も、鬼のような気質で大酒飲みのイメージがありますが、実際には酒は飲めずに甘党であったとか。

事実はわかりませんが、後から付け加えられたイメージは面白いですよね。

 

しかし、実在し、功績を上げたのは事実です。

危機的状況から登りつめ、歴史に名を連ねる人は、人知を超えた判断と奇跡を起こす能力を持っています。

 

なぜこんな大業が達成できたのか?

なぜ奇跡が起きたのか?

そんなふうに興味のある歴史的偉人の伝記を読んではいかがでしょうか?

 

「何をやったか?」というよりも、「どんな人物像であったのか?」に注目しながら伝記を読むと良い絵勉強になりますよ!

思想、普段の生活習慣、決断の基準を学ぶことができれば、あなたも未来の社会の教科書に乗る偉人になれるかも知れません。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/