ああ、もうダメだ…と思わず諦めそうになるときってありますよね?

他人と比べて自分が能力的に劣る、運がない、精神的な限界を感じる…実は誰にでもある「限界(リミット)」です。

 

もちろん人間はスーパーマンや神様ではありませんから、可能範囲には限界があります。

しかし他人が実現できていることは、あなたにだって叶えることは不可能ではありません。

 

今回は「限界」についてお話します。

 

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

 

昔、陸上競技で「人間の限界」と呼ばれる記録があり、誰も破ることできませんでした。

ところが一人、記録を塗り替えた途端に、次々と新記録が生まれました。

不思議なお話ですが、実話です。

 

これは「思い込み」が体へ大きな影響を与えている事例で、「無理」だと思えば記録更新が無理な動きをし、「可能だ」と思えば限界突破する動きに変わります。

 

この例は陸上競技だけでなく、勉強や仕事、その他でも見受けられる不思議な現象です。

人間社会は周囲の意見や情報が多く、どうしても思い込みが強くなります。

 

鮮明に何度も刷り込みで思い込みを頭に入れると、それが現実となって現れてきます。

これは「成功」と言う良い場合でも、「失敗」「妥協」と言う悪い場合でも同じです。

善悪は関係なく、思い込みが強くなればそれが現実化します。

 

 

では自分の限界を超えるにはどうすれば良いのでしょうか?

感の良いかたならもうお分かりですよね?

そうです、「良いイメージ」を刷り込めばよいのです。

 

80点以上取れないなら、90点を取るイメージをする。

朝起きるのが苦手なら、早起きしている自分をイメージする。

そういう風に、良いイメージを鮮明に脳裏に描きます。

 

ただし、想像できないくらいに大きな壁や夢もありますよね!

そんな場合は、いきなり最終ゴールを思い描いてもあまり効果がありません。

 

大切なことは想像したときの「リアリティ」です。

最終ゴールに至るまでのイメージできるものを細分化して、一つ一つをリアリティを持って想像して刷り込みをしましょう。

この小さな繰り返しが、限界突破の大きな力となります。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/