早いもので2020年も最後の月なりました。

特に今年は「コロナ禍」の影響でバタバタと翻弄され続けた年でした。

冬の寒さで更に感染拡大の恐れもありますので、十分対策をとって感染しないようにお気をつけてください。

 

また、コロナ以外にも風邪やインフルエンザも流行する季節です。

うがい、手洗いは徹底し、マスク着用だけでなく防寒対策もお忘れなく!

 

本日は「なぜ師走が慌ただしいのか?」についてお話します。

 

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

 

なぜかしら、急に慌ただしくなる12月。

師走は時のごとく「師が駆けずり回るほど忙しい」という説もありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

ちなみに「師」とはお坊さんのこと。

つまり寒くなってお葬式が増えて、お坊さんが忙しくなる…という意味もあるそうです。

あまり良い表現とはいえませんが…。

 

確かにクリスマス、年末年始とイベント盛りだくさんの12月。

普段の月よりも休みの日数も増えるため、その分のしわ寄せが来るのも事実です。

 

在庫を売っておきたい!

書き入れ時だからたくさん販売したい!

商売人ならなおさら忙しいこの師走、ボヤボヤとして休んでいる場合ではありませんよね!

 

 

忙しいというのは、冷静に見れば「やること」「タスク」が増えている状態です。

通常よりも用事が増え、時間のリミットもあるから余計に忙しく感じるわけです。

 

頭が混乱した状態でさらに新しいタスクを増やすと、完全に混乱状態になります。

まさにこれが師走の人間心理。

焦りが生じてミスをしたり、必要以外の用事が増えてしまうこともあります。

 

まずは深呼吸!

そしてやるべきことをしっかりとリスト化しましょう。

思い込み、急な予定で翻弄されてしまえば余計に混乱します。

まずは冷静になってタスク管理をしましょう。

 

慌ただしい時期なので、できれば予定には余裕も含めて計画しましょう。

パンパンに詰め込んだ予定は必ずしわ寄せがきます。

午前に1時間、午後に1時間の、合計2時間は最低でも余裕タイムを設けておきましょう。

 

時間の限られた忙しい月になりますが、計画を立てて順序よくタクスを片付けて行きましょう。

くれぐれも体調には気をつけて頑張ってください。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/