安倍政権から菅政権に変わり、色々新しい改革が計画されています。

 

中でも特に注目を浴びているのが「脱ハンコ」。

政府の「脱ハンコ」が加速し、今後必要になる年末調整や確定申告も廃止が検討されているとか。

 

ハンコに限らず、書類のオンライン化は進む一方です。

乗り遅れないように、今回は「電子契約」についてお話しします。

 

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

契約もオンラインの時代

 

古きものが全て悪しきものではありませんが、非効率なものは改善するのが理想です。

単純に「歴史があるから」「伝統だから」「習わしだから」という理由だけで、複雑な業務を行っていては効率化は実現できません。

もちろん、古きよき伝統は守るべきですが、効率化を妨げる習慣は簡素化すべきでしょう。

 

政府のすすめる「脱ハンコ」はまさに効率化の典型。

確かにハンコ関連の業界からすれば大打撃であり、猛反対が起きるのは当然のことです。

 

時代が変化するときには、既得権益を得る人が反対に入るのは当然です。

これも時代という名の自然淘汰であり、弱肉強食の生きる世界かも知れません。

 

ではハンコがなくなれば、何で確認を取るのでしょうか?

ハンコを利用しなくても、クレジットカードは従来からサイン形式を採用していました。

しかしサインすら現在では暗証番号化されてきています。

 

 

ハンコだけではなく、コロナ禍によるオンライン化の影響もあり、「オンライン契約」「電子契約」が進んでいます。

契約書を二通作成して、郵送して、決済を得て、印鑑を押して、返送。

こんな煩わしい作業が、あっという間に片付くようになりました。

 

便利になってありがたいですよね!

と喜びたいところなのですが、そうは簡単にいきません。

実は電子契約のほとんどは有料のシステムで、意外にも管理費用が負担になります。

便利そうだと思っていても少しハードルが高くて見送っている企業も多いとか。

 

実はこの電子契約、無料で利用できるものがあります。

「e-sign」と言うシステムです。

 

e-signはこちら

https://esign.ee/

 

「xID」という認証アプリを利用して本人確認を行う契約システムで、マイナンバーカードとスマホがあれば利用可能です。

あっという間に本人確認ができ、電子契約を無料で利用できるスグレモノ。

電子契約に興味があるが有料はちょっと…と躊躇しているなら、この「e-sign」を試されてはいかがでしょうか?

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/