年末最後の月もいよいよ中盤に差し掛かり、さらに慌ただしさを増してきました。

「年内に終わらせて!」と、私も昔はよく指示を受けて、この時期はいつになくドタバタしていました。

 

何かの目標を持って仕事に取り掛かるのは楽しいものですが、義務感や使命感だけで仕事をしていると疲れるものです。

自発的&能動的な仕事とは異なり、受動的で義務的な仕事は辛い時間の連続です。

 

ではなぜ?今の仕事をしているのでしょうか?

働き方について、今回はお話します。

 

【新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

ライスワークとライフワーク

 

「ライスワーク」と「ライフワーク」と言う言葉をご存知ですか?

働き方の違いについて説明するときによく利用される言葉です。

 

「ライスワーク」とは、ご飯のための仕事…つまり生きるために仕方なく働くという状態です。

コレでは仕事自体にやりがいを感じません。

もちろん能動的&主体的に仕事に取り組むこともなく、与えられたタスクだけをクリアし、週末の余暇を楽しみにするだけの悲しい労働環境です。

 

「ライフワーク」とは、人生のために仕事があるという働き方のスタイルです。

仕事は大人の遊び、大人の楽しみという人が居ますが、まさにこれがライフワークです。

人生を楽しむために仕事があり、仕事によってたくさんの恩恵を受けています。

 

当然ですが自発的に行動し、次々と新しい挑戦もします。

失敗があっても教訓とし、次へのステップに役立てます。

 

 

年末のこの時期、なぜこの「ライスワーク」と「ライフワーク」の話を持ち出したのか?

と言うと、この慌ただしい時期だからこそ自分の仕事を見直して頂きたいのです。

 

一見ライスワークに見えていても、この忙しい時期に一生懸命になれるならば「ライフワーク」かも知れません。

普段はイヤイヤモードでも、やはりあなたには今の仕事が向いているのかも?!

 

どんな仕事にも「楽しいこと」と「辛いこと」は必ず存在します。

楽しいだけの仕事はこの世には存在しません。

 

「苦難」を「乗り越えるべき壁」と思うのか、諦めてしまうのかで、その先の成長は大きく変わります。

ライスワークなら「壁」があれば諦めるでしょうが、成長のために乗り越えようと頑張るならライフワークなのかも知れません。

 

私の恩師の作詞家の先生は「魂の喜ぶ生き方をしよう」と決心されて仕事と人生を楽しんでおられます。

仕事は精一杯楽しみ、魂が喜ぶなら引き受ける。

しかし報酬が良くても魂が喜ばない仕事は引き受けない。

このように判断できるようになれば、その仕事も本気のライフワークになるのかも知れませんね。

 

今の仕事の好きな点、嫌いな点をピックアップして、本当に自分が魂レベルで喜べる仕事なのかを見直してみてはいかがでしょうか?

今のお仕事も、実はライスワークに見えてライフワークかも知れませんね!

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

原則として、当ブログは毎日午前8時ちょうどに配信予定です。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/